2017年10月28日土曜日

Flutter開発のための IntelliJのインストール (10/28)

Flutterを使うためにIDEをセットアップします。
このドキュメントは、こちらを参考に意訳したものです。意訳でないところも混じっていることはご了承ください。

手順は下記の通りです。
 
  • InteliJのインストール
  • Pluginのインストール
  • Flutter pluginのConfoguring
  • Using InteliJ

Flutter IntelliJ IDE plugins

 
Flutterのアプリは、テキストエディタでも書くことができますが、IDEを使うならIntelliJが勧めらています。IntelliJは、FlutterとDartのPluginで編集や起動、ディバッグが行えます。

IntelliJのインストール

次のIntelliJプラットフォームIDEでIntelliJプラグインを使用できます。
  • IntelliJ CE Community Edition (CE), version 2017.1 またはそれ以降のバージョン. ( IntelliJ CEの現在のバージョンは、2.5です。)
     
  • IntelliJ IDEA Ultimate edition, version 2017.1 またはそれ以降のバージョン
     
  • Android Studio, version 3.0 またはそれ以降のバージョン.
     
IntelliJ CEとAndroid Studioはどちらも無料で使用でき、Flutter開発用にサポートされています。
 

Pluginsのインストール

 
IntelliJをFlutterで使う場合に、下記のFlutter と Dart の二つのPluginが必要です。
  • Flutter plugin: Flutter開発のワークフロー(実行、デバッグ、ホットリロードなど)が行えます。
     
  • Dart plugin:Dartプラグインは、コード解析(入力時のコード検証、コード補完など)を提供します。
     
Flutterプラグインをインストールすると、Dartプラグインがまだ存在しない場合、IntelliJはそれをインストールします。

Pluginsのインストール手順

  1. IntelliJを起動。
     
  2. IntelliJのメニューからpreferencesを開きます。

    MacOS: Preferences > Plugins
    Windows & Linux: File > Settings > Plugins
     
  3. Browse repositories…を選択し、それからFlutter plug-inを選択、ボタンをクリックしてインストールします。
     
  4. Dartプラグインをインストールするかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい]をクリックします。
     
  5. 「Restart IntelliJ IDEA」をクリックして、IntelliJを再起動します。

    再起動後、新しいプロジェクトを作成するときに、ダーツとFlutterのプラグインが左側のナビゲーションパネルに表示されます。

Flutter pluginの選択

  1. preferencesを開きます。
     
    MacOS: Preferences
    Windows & Linux: File>Settings
     
  2. Languages & Frameworks>Flutterを選択します。
     
  3. あなたのPCの環境のFlutter SDKのディレクトリのPathを設定します。binのようなサブディレクトではなく、フルパスの設定をしてください。
     
    例)
    C:\Users\obiwan\flutter /
    /Users/obiwan/flutter.
     
  4. OKをクリックしてください。
     
  5. IntelliJを使用します。

    IntelliJを使用した開発に関するヒントについては、こちらのドキュメントを参照してください。






0 件のコメント:

コメントを投稿