2016年12月31日土曜日

京都のアーバンデータチャレンジ2016 vol.2

京都のアーバンデータチャレンジ2016 ( UDC2016)の2回目を、Code for Kyotoさんが主催され、GDG京都は共催しました。 本日の会場は、京都大学の佐藤先生の研究室です。前回参加された方に加えて、今回から参加される参加者もおられます。 まずは京都ブロックのメンターをして下さっている石井さんから、UDC2016の説明から始まりました。




そして、参加者の皆さんによる自己紹介タイムとなりした。 その次に、11/30にローンチされた京都市オープンデータポータルサイトについて、京都市の方々からの説明とAPIの使い方の説明もありました。


その後、参加者のほとんどが自分のアイディアをスライドを使って発表し、そしてアイディアを付箋に書いて、近いカテゴリーの分類を行いました。

 UDC2016に出す内容は、京都市さんのサイトを使ったものでもそうでなくてもOKです。

 近いテーマで二つのグループに別れて、それぞれのテーブルでアイディアソンとなりました。お菓子をつまみながら、良い雰囲気の中進んで行きました。



最終的に9つのアイディアが、UDC2016にエントリーしました。12/23の時点ではもっと増えている模様です。このうちいくつかは、アプリケーションになる予定です。今後1/27に最終提出に向けて、皆さんとディスカッションして進めていくことになります。エントリーされたものは、1月に公開されるようです。内容についてはそれを楽しみにしていてくださいね!

 参加者の皆さん、会場をご提供及び諸々ご協力頂いた京大の佐藤先生、メンターの石井さん、京都市オープンデータポータルサイトのご説明やAPIをご紹介下さった京都市の皆さん、どうもありがとうございました!スタッフの皆さん、お疲れ様でした!
今後とも引き続きよろしくお願い致します!


京都のアーバンデータチャレンジ2016キックオフを共催しました。

京都のアーバンデータチャレンジ2016 (UDC2016)キックオフが10/29に開催されました。主催は、Code for Kyotoさんです。当日の参加者は、12名でした。公的な機関の方々も今回は一個人として参加して下さったり、大学の先生も来て下さっていました。今回、GDG京都はハンズオンで共催としてお手伝いです。アーバンデータチャレンジ2016 は、今年30カ所の都道府県が参加し、京都は初参加となります。


前半は、UDC実行委員 石井さんとCode for Kyoto 太田垣さんからUDCやCode for Kyotoについての説明がありました。



コンテストで入賞を目指そう!アーバンデータチャレンジ2016について
(UDC実行委員 石井さん)

Civic Tech とは?(Code for Kyoto 太田垣さん)

UDCは地域課題をコードで解決するものです。個人でもグループでも応募が可能です。アプリで挑戦するも良し、アイディアやデータを整理するツールを開発も良いと思います。

かつて東北大震災の時に、Hack for Japanが京都でも行われ、当時京都GTUG (現GDG京都) の当時のマネージャーだった山下さんを始め、京都GTUGスタッフがお手伝いしたことを覚えておられる方もいらっしゃると思います。
そして、地域の課題をコードで解決と言えば、今年のインターナショナル・オープンデータディで滋賀県さんでのお手伝いもあります。

今回は、データを簡単にコードをマッピング行うことを目標に、Fusion Tablesを利用しました。Excelのファイルを読み込み、設定だけでマッピンングを行う所までのハンズオンでした。ヒートマップについても触れています。



オープンソースの世界では、Google Mapsは規約で問題になってくるというお話もあるのも事実です。まずは手を動かしてデータをマッピングしてみる、分析してみるということは大切なことだと思っています。ハンズオン自体は、簡単なもので1時間くらいで終わりました。マッピングと言えば、データベース必須でコードが難しいという印象があった市民の方も簡単で驚きましたとの感想をいただきました。

GDG京都は開発者が多い技術コミュニティであり、講師クラスの人達もいます。京都のオープンデータに興味を持ち、アプリを作ってみたいという人達もいます。
GDG京都は今後も地域とともにありたいと思っています。

迫り来る南海トラフ地震、私達に何ができるでしょうか?

このハンズオンの後、tabulo for Pubulicの話をtabuloの方がされていました。
CSV+位置情報でマッピングできるそうです。
色んな分析も行えるとのことです。色々試してみると良さそうです。

次回はアイディアソンです。どんなアイディアが出てくるでしょうか?
参加してくださった皆さん、メンターの石井さん、ありがとうございました!

スタッフの皆様、お疲れ様でした!

2016年12月9日金曜日

関西オープンフォーラム2016(11/12)

11/11(金)、11/12(土)の2日間にわたって、関西オープンフォーラム2016(KOF 2016)が開催されました。
会場は大阪南港ATC ITM棟10Fです。
2日間のうち、GDG京都は11/12に展示を行いました。


GDG京都のブースでは、GDG京都の活動の説明や、イベント告知のチラシを配布いたしました。

会場ではたくさんのブースが出展されており、別室のショーケースでは様々なセミナーが行われていました。

GDG京都のブースにもたくさんの方が訪れてくださり、用意したチラシはすべて配布することができました。

GDG京都のブースに足を運んでくださったみなさま、どうもありがとうございました。
また、KOF2016のスタッフのみなさま、出展者のみなさま、ありがとうございました。

2016年8月31日水曜日

IWD16 - Women Techmakers in Kyoto (4/2)

4/2に、IWD16 - Women Techmakers in Kyotoを開催しました。
これは毎年開催している国際女性の日の関するイベントで、今年で4回目に当たります。今年は、女性ITコミュニティで活躍されている開発者やデザイナーの皆さんにご講演いただきました。


会場は、amu KYOTOさんです。京都駅近くのとても素敵な町家です。
今回は、7名の女性の皆さんにご登壇いただきました。参加者数は14名 (石巻含む) でした。

2016年5月9日月曜日

GDG京都と地域との連動 - インターナショナル・オープンデータディ2016

GDG京都は、Google技術の勉強会だけではなく、京都や京都近隣の地域のお手伝いもしています。以前、インターナショナル・オープンデータディで、他のコミュニティさんと共催したのですが、今年は、滋賀県さんのインターナショナル・オープンデータディのイベントの前段階でお手伝いを行いました。

2016年3月30日水曜日

Study Jams 2016 (3/13) を開催しました

世界中で、Android Study Jamsが行われています。
日本を含むアジア地域を中心としたAPACでは、Study Jams 2016が開催されています。
日本のGDGでは、GDG京都、GDG信州、GDG九州、GDG東京での開催となりました。
それぞれの公式サイトや関連サイトはこちらです。

GDG京都では、3月13日にStudy Jams 2016を開催しました。
今回の会場は、京都北文化会館です。